• HOME
  • >> 不動産Q&A

不動産Q&A

中古住宅(またはマンション)ですが、住みながら売却できますか?

出来ます。住み替えの場合、売却資金を購入資金の一部にするケースがあります。また、お子様の学期の関係などや仕事の都合などもあると思いますので、住みながら売却をする場合が多いです。お客様の様々な都合に合わせて販売活動をさせていただきます。

近所に内緒で売却を進めていただきたいのですが?

大丈夫です。お客さまによっては売却を近所に知られたくない場合もあると思います。広告を制限したり、近隣にわからないように購入希望者を案内したりすることも可能です。またお客様の個人情報につきましては守秘義務がありますのでご安心ください。

査定を依頼したら必ず売却をしなければいけないのですか?

いいえ、査定結果をもとに検討していただき、お客様自身で依頼するかどうか判断していただきます。お断りいただいても査定費用などの請求はありません。

査定とは、どのようなことをするんですか?

路線価や公示価格などの公的な基準価格や、近隣の販売事例、道路状況や下水道などの設備関係、また当社の豊富な販売経験などをもとに査定価格を算出させていただきます。ただし査定はあくまでも参考価格となりますので、最終的には売主様に販売価格をお決めいただきます。

住み替え先が新築でまだ未完成ですが自宅を売却できますか?

最も難しいのが売りと買いのタイミングです。特に新築マンションなどの場合は入居がかなり先になる場合もあり、一度仮住まいをすると販売期間が短くなることもあり、当初想定していた価格より下げざるをえない場合もあります。また最悪なかなか売れなくてマンションの資金がつくれないなどの可能性もありえます。ですから住み替えの場合については余裕をもった売買計画を考えておく必要があります。お客様の予定にあった売却プランのご提案をさせていただいていますので、是非お気軽にご相談ください。

夫婦で共有名義になっていますが、特別な手続きが必要になりますか?

共有名義になっている場合は、契約の立会い、記名、捺印、登記申請手続きなどは原則本人が行う必要がありますので、ご契約及びご決済には、ご夫婦でお立会いになられる必要があります。その為、実印や印鑑証明などをそれぞれご用意いただく必要があります。

販売時にはどのような販売活動をしていただけるのですか?

当社では、土地や建物をお探しのお客様を大勢かかえています。そのお客様に紹介させていただいたり、新聞折込チラシや住宅情報誌、ホームページなどインターネットでの情報公開、オープンハウスや指定流域機構への登録など幅広く販売活動をさせていただきます。

販売を依頼すると、広告掲載料などの費用が必要ですか?

広告費用など販売活動に関しての経費はすべて当社の負担で行いますのでご負担はありません。

売却時に実際かかる税金などの費用は?

売却時にかかる費用としては、仲介手数料・抵当権抹消費用・契約印紙代などがあります。また、売却することによって購入したときよりも利益が出る場合につきましては「譲渡所所得」「住民税」がかかります。ただし特別控除が受けられる場合がありますので、詳細につきましては当社にご相談ください。

売却した年は、確定申告が必要ですか?

売却した翌年に確定申告をする必要があります。サラリーマンなど給与所得者の方も不動産を譲渡、購入した場合は確定申告が必要となります。

権利書をなくしてしまいました。どうすればよいのでしょうか?

権利書を紛失してしまった場合、以前は保証書をを作成する必要があり時間がかかっていましたが、現在では司法書士に依頼して証明書を作成して手続きします。免許証などで本人確認できれば大丈夫です。

  • 税金のご相談
    不動産を買うとき・売るとき・保有している時にかかる税金を詳しく説明しています。
  • 買い替えのご相談
    お住まいのお買替をされる場合は、ご売却とご購入のタイミングが重要となります。